To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > アーカイブ: 2009年06月  全2ページ中1ページ目を表示中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

night hike 2

よねお! 高御位にビール持って・・”あのぅ、雪彦は・・”なんて想定外のrequest! そう、行くしかない!この前は単独。今回は二人。精神的に天と地の差、お気楽である。初めての山なのに彼は身軽にすいすい付いて来る。山頂では少しの風とわずかに聞こえる沢の音が心地よく、寒さ感じるまでくつろいだ。登山口 8時07分 まだ蛍が飛んでる大天井 9時20分 暗闇でビール。夜風が気持ちよくて、四方山話。下山  11時20分 帰り道...

続きを読む

スポンサーサイト

料亭よね

久しぶりに豪勢な食事に呼ばれた食べ始めはりゃこ氏と2人 ホストはよねお食べ終わってねえさんとひめこ登場盛り上がり始めると中に入れずトランスフォーマーへ逃げるでもやらかいメンバーでまた夜が更けて行きそうになるから逃げ帰ったよねおの母さんにも感謝...

続きを読む

night hike

スペル合ってる?少しおかしくなってると思う日記(う~たんの突っ込み有り)が続いてるけれど、今日はいよいよ自分が冷静か試したくて、試しに有り得ない雪彦の夜ハイキングをしてみた。以前、o氏が縦走はどう?って声かけてくれたけれど怖くて行けなかった。が、まさかの独りで歩くことに。8時15分蛍に見送られて濡れた道を歩き出す。9時05分大天井、崖の上から闇を見下ろすが怖くない。10時00分蛍と鹿の光る目に迎えられて下山...

続きを読む

rainy days

寝不足が2日飛びで続いて当たり前の日常の時間が圧縮され怖いくらい敏感になっているまた奴と話す事ができ感覚に与えられるプレッシャーが奴の存在が大きな事を自覚させてくれる梅雨の雨は木々や草花にいきなり大量の水を吸わせ体内に濁流が流れ始めた木々は冬の10倍も成長する事になる奴の存在が言葉が梅雨の静かな雨のように眠っていた力を目覚めさせてくれるのなら真冬にも枯れない木々のように逞しく立ち続けたいまた奴と話そ...

続きを読む

空白の時

最近ながたんとの関わりが濃い!しかも彼の仲間達と朝まで飲んでしまった!幼馴染が馬鹿騒ぎするような、一生思い出せるくらいのいい時間が独りになると考える時間を与えてくれる。少し話す時間ができるようになると人が愛おしくなってくる。やはり単独は人間らしくないもんだろうか・・。ある人と少し話しして途中切断されたけど、その少しの話が頭から離れない。そして、いつのまにか忘れてきた無視できるはずの不安が、本当は相...

続きを読む

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。