To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 富士山 山スキー > 富士山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山

やっと機会がやって来た!

去年K隊長に誘われて行けなかったけど、今年は日程も合うので調子良く山友や彼の友達達と出かけた。

金曜夕方5時ぴたで魚住へJRで出かける。荷物は火曜日K隊長の車に預けているから身軽。電車が綺麗で静かなのに感動。

早く着いて30分ほどボケる。

K隊長と車載準備して駅で是常さんや松本さん山ちゃんと。。いろいろ!?合流。
稲美でやべちゃん拾って7時間のドライブGO!

吉田の道の駅でK隊長のワンゲル時代の横浜人船長と合流。
なか卵で寝不足の腹にどんぶり押し込んで5合目まで。

出発は5時50分。既に数十台のスキー目的の車がいた。さすが関東圏なのか服装も装備もおしゃれでいい物持った人が多かった。

フォト


高校の修学旅行で来たはずの場所だが全く覚えてない! ゲートの閉まった林道を2KMほど歩く。厩があってところどころに蹄の跡があった。

フォト


天気が良く、高気圧に押されたガスが雲海を作っていた。

フォト


だらだら登る尾根道の歩道は火山岩が砕けた細かな砂礫で意外としっかりとして歩きやすく、想像していた砂埃が舞う臭い所でなくてほっとする。でも夏は臭いのか?

フォト


2700ほどの所から雪景色に変わる。安全のためか50Mほど登る度に小屋が有り、積み上げた障壁が段々畑のようにつながってる。

フォト


この辺りから徐々に息が上がり始める。まともに寝ていないからすぐに頭痛がはじまり、結局下山後もずっと痛かった。

同行者がみんなタフで松本君ややべちゃんは休むなんて考えていないようにもくもくと登る。トライアスロンやチャリで鍛えた連中は違います。

フォト


八合目辺りから見上げる。でも八合目がいくつもあって訳分からん!
山頂までいくら登っても着かない気がしてきて飽きてくる。

フォト


少し歩き組と滑り組がバラける。K隊長の友達がカッコよく滑ってきて話し込む。彼の交際範囲の広さには頭が下がる。

フォト


そろそろ9合目って所から松本さんややべちゃんに置いて行かれ、5歩歩いてはぜいぜい休みベソかきながらやっと鳥居へ。

フォト


1~2Mの残雪?狛犬が埋もれてる。

やべちゃんが楽しそうに手を振ってる。さっさと来んか~!と言ってるみたい。
フォト


13時30分。遠くに槍が峰が見えても時間切れ、記念写真撮って下降ポイントへ移動。

フォト


火口が怖い! 時間があれば滑ろうなんて言ってたが、休火山でもやはり怖い!

フォト


風が冷たい! 気温は0度くらい。寒いと言うにはほど遠く快適。
後姿がK隊長に似ているあべちゃん。

フォト


雪は春のべちゃ雪だけど少し軽めで疲れにくい。歩組を引き離さない程度でぼちぼち下る。歩組はたぶん頑張ったんだろうけど・・。

フォト


横浜の船長の滑り、ジルのビンだが堂の入ったいい滑りをする。見習わないと!

フォト


いつまでも続きそうな超幅広スロープ、25度くらいで滑りやすい。
やべちゃん初めて山で滑るなんてゲレ板で飛ばすが、安定したパワースキー。体が出来上がっているのかやたら上手い!
ボードの松本さんも今まで見たボーダーの中では最高の滑り。どうも強者に混ざってしまっているみたい。K隊長も今日は重心が低く上手くなったようだった。

フォト


そろそろ北へトラバースぎみに滑り始める。
歩組は是常さんが先頭。娘二人がおかんの後ろで頑張ってる様子。

フォト

ここで覆面姉顔からダイブ!1秒くらいかけてゆっくり両手を挙げながらバチャ~ン!!exclamation ×2  余りにも面白すぎる!るんるん 彼女と会うたびに話せるネタができた。

フォト


ついでに山ちゃんトラバース中に水の染み出る雪があるのを教えたのに豪快に踏み抜きずぶ濡れ!魚 まあしっかり装備で染み込みはしなかったと思うがアホに違いない! 笑いすぎたあっかんべー

雪が切れてからは10分藪スキー。山ちゃん、山スキーしたいけど藪は絶対無理と言う。藪に引っかかるやべちゃんがカッコ悪すぎた!?

藪が濃くなってからは、10分ほどさらさらの砂を走り滑ると林道へ飛び出た。雪が繋がって無くてもこれくらいなら十分楽しい。

フォト


16時45分駐車場へ。みんな疲れてぼっ~としている。朝見たライト点けっぱなしの車がJAFに世話になってる。ここでまた山ちゃん天然をさらけ出し爆笑している。ある意味世話がやける。

林道で雪を拾いビール冷やし。風呂屋で富士山を眺める。
山中湖湖畔の公園へ移動して宴会。K隊長の友達がまた一人合流。翌日富士山登るらしい。
ラーメンで乾杯! いかにも山岳会。いい気分は通り過ぎ眠くて死にそうになった頃山ちゃんの独演会になり24時就寝。

翌朝9時頃まで寝る。いい天気で山中湖の大橋を渡り、青空に光る雪の被った山々を見ながらひたすらドライブ。窓から吹き付ける風が気持ちよかった。みんな気さくで優しく転寝が平和。17時頃姫路へ。

K隊長と彼の仲間に混ぜてもらって良かった。ただ寝不足の疲れが翌々日まで続いてぼんやりしているが・・。

フォト

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。