To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 春大山 山スキー > 春大山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春大山

春の陽気、野人さんに誘われ大山へ。

土曜
21:30 枡水スキー場
日曜
8:30 スキー場スタート
12:20 弥山山頂
13:15 下山開始
14:20 駐車場

スキー場に着いたけど、道の雪は全くなく、脇の林に10cmほどの残雪。どこ滑ったもんやろ。。

合流は明日?とさっさと寝たけど、1時間ほどして野人さん到着。飲もうと誘われるがテンション低いし眠いしでお断りした。朝になって思うが、3度寝するくらいなら付き合うべきだった。

はげっちょろけのゲレンデを抜けて樹林帯へ、そこで野人さん顔見知りの二人と挨拶。

樹林帯は木の間隔が狭く、雪もじゃりじゃりで進まない。熱くてシャツイチで歩く。もう少しで抜けるというところで掴んだ枝が折れて胸に当たり、軽く打撲。少し血が滲んで野人さんのおちょけ話に笑うと痛んだ。

フォト


大沢右岸の平たい尾根を登る。さすがに開けてくると少し寒くなって一枚着る。景色は最高!始めて見るし、地形が少しでも変化すると感動する。

フォト


フォト


フォト


大ノ沢におっ立つご神体?ワイヤーで崩れないように守られてるらしい。

フォト


台地に出てゆっくりおやつ。平行していたスノーシュの方とも挨拶。この方も野人さんの知り合い?だった。天気の良さに夏道からの登山者も台地を広く歩いていた。
フォト


山頂についてもそう風もなく見渡し良好。また僕も見たことのある方と野人さん話しこむ。ガイドの方で薄識の僕は蚊帳の外。


三角点でここ降りようと話してたら、懐かしい顔3人とばったり!前にその仲間達と大山の麓でばったりしたとき会えなかったので嬉しい。みんな年配だが元気そうだった。

フォト


ボウルを滑るが超不安定!立ち止まり滑り来るのをカメラ出していて気がついた。上のバックルが外れ歩行モードだった。張り切ると爪の浮いた指とアバラが痛む。

フォト


mixi動画はサービス終了しました


雪は柔らかく、喉手前で底まで解けた氷水状態。喉抜けもままならず登り返す。

フォト


フォト


フォト


一瞬ガスったけどすぐに晴れ、あっという間に登ってきた所へ移動。野人さんOM-Dの撮影に必死。どんどん滑ると怒られた。高いのでなかなか買えないけど欲しい・・。

フォト


いいカメラなのか?いい写真をいっぱい撮ってくれてた。

大沢も大分土が出ていて他のラインも怪しいので元来た道を戻る。登りにアイゼンつけたくらいなんでじゃりじゃり飛ばせずショートターン。野人さん登りでもうすぐ山頂というところで一気に加速するのだが、下りもここぞと飛ばす飛ばす。

mixi動画はサービス終了しました


フォト


かっこええ~!!またいい写真お願いします。

お互い撮影しまくり、樹林帯をごそごそ滑って水が流れそうなゲレンデに下山。

フォト


登りも滑りもパワフルだが、猿でもないみたい。

まさに春スキー、まるで4月のような暖かさ。もう近場では、というかほとんど滑れず終わりなのか?そろそろ遠征かな。飽きた夏道じゃなくいい景色にマッタリ歩きに癒されたいい山だった。ありがとう野人さん。

フォト


フォト

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。