To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 滝巡り ハイキング > 滝巡り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝巡り

姉さんお二人のdriverで扇ノ山へ。

朝6時姫路駅へ出迎え、村岡を目指して北上する。9号線から海上の布滝へ。村のはずれから歩いて15分位に。

フォト

フォト

フォト

登れそうか?なんて想像をするが、今日の滝達は荘厳な圧迫感を感じさせてくれて、癒しの飛沫を巻き上げる。無駄な考えだった。

お姉さま方々も夏の終わりの涼しさを楽しんでる。

フォト

海上の田んぼ、あぜ道を歩いてると可愛いお出迎え。

フォト

フォト

お次は同じ沢のすぐ上流にあるシワガラの滝。去年こいつを見て感動した。少し水量が少ないけれど苔が生き生きと水滴を落としていた。
壷は腰くらいの深さかな?

フォト

フォト


駐車場から20~30分、所々にトラロープがあり結構滑る。
カメラマンのお兄さんが道ずれに。う~たん楽しんでた。
道に蛇イチゴみたいな実が沢山落ちてて眺めてたらクワガタ君発見。

フォト

フォト

帰り道、同じ道に分岐があって、桂の滝へ移動するが。
以外と遠く3km近く荒れた道を30人くらいの大パーティーを追い越させてもらって、最後は滑り落ちるような道を下りると20m以上の滝。
ここもシワガラに似て苔の岩を削るように水を落としていた。
壷に入ってみたけど、シワガラの水温より5度くらい冷たくてしびれた。

フォト


フォト

当然遊ぶみんな

フォト

フォト

フォト

夢中になってたら昼過ぎ。上山高原でおにぎりぱくつき、扇ノ山チャリの予定を変更して霧が滝を見に行くことにした。なぜなら車道から滝まで3kmコースタイム片道100分。3時間弱はきつい。

車で移動するが登山口を通り過ぎ、おじさん達に道を聞いて14時過ぎ歩き出す。

まずは小さな滝、泳ぐのにはちょうどいい。

フォト

ハイキングコースでシワガラや桂の滝に比べ歩きやすかった。
人工路が多くて遊園地のアトラクションみたい。

フォト

木の橋もアトラクション。わいわい騒ぐ。

フォト

魚止の滝

フォト

深い森で番人の様な古い大木が・・。

フォト


フォト


フォト


渡渉には木の橋も多いが、鉄橋も多く見られる。ほとんど使えないが。

フォト

フォト

フォト

フォト

一時間少しで凛々しい大滝登場!霧が滝。
落差40mくらいはあるかな?

フォト


水飛沫になって落ちる水。気持ち良過ぎ!!

フォト


大きすぎてお姉さま方小さい!

フォト


岩が逆層で剥がれ落ちた石が苔でぬるぬる。四つんばいでないと真下へは行けない。苔で覆われた岩壁の割れ目から、苔が振り落とす飛沫、流れ落ちる水は散らされ、入水が流れ落ちる滝じゃなかった。

フォト


20分ほど感動に浸って登山口へ一時間の歩き。所々に綺麗な花が咲いてた。沢蟹も。

フォト

フォト

猿壷の滝は少し離れてるので次回にして帰宅。

9号線沿いの猿尾の滝をちら見するが、他の滝が凄すぎて拍子抜け。
ここだけ見ていればそれだけでもいい滝なんだけどしょうがない。
フォト


夏の終わりに癒しの一日でした。4~5時間歩けたし。お姉さま方いいお仕事ありがとうございました。

兵庫県にこんな素晴らしい沢、滝がこんなにあるとは思いませんでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。