To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 冷ぇ~!! 甲川 > 冷ぇ~!! 甲川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷ぇ~!! 甲川

O氏に連れられ、念願の沢へ。

残念ながらI氏は来ないとの事。残念、二人でならハイペースになるだろうと少しびびる。

夜のうちにチャリをデポして香取展望駐車場でテント。

翌朝4時前後、トイレで起きるが二度寝するが、5時半には起きてしまう。

車で移動して、6時半過ぎ鶯橋から入渓。

駐車場には他に二台有名メーカーのF.T.のシールが! スキーにクライミング、彼らのH.P.には楽しそうな記録が一杯。会えるのか?

橋の袂から水を浴びるがむちゃ冷たい!

下の廊下はいきなり泳がされ、次々と現れる滝や廊下の泳ぎで一時間もせず寒さで震えが止まらなくなる。

どうも〇氏は不調らしく顔色が悪い。
おかげで先にどうぞが決まり文句。嬉しいような悲しいような。

初めてでリードは最高! ただ、ルート取りにはほとんど指導されっぱなしだが・・。

10時頃小雨がぱらつくが問題なく足を進める。いや日差しが無いから帰りたくて泣きそう。

帰りたくてしょうがないが、O氏震える僕を背に調子を上げてどんどん歩き出す。鬼に見える・・。

下の廊下抜ける頃後ろを振り返ると7名ばかりの団体さんが煽っていた。
先に出ていて良かった!

上の廊下も何度か泳いだりしたが、中の廊下で歩いたおかげで体が温まり楽しく抜けきった。

14時前くらいか。
堰堤でF.T.の面々と挨拶を交わし、チャリを取りに30分ほどの藪漕ぎをして、車へ向かう。

空き地にザックとO氏を残し、ほとんどくだりの林道をかっ飛ばす!
道路は海が見え、乾いた風が濡れた服を一気に乾かしてくれ、髪の毛を後ろに寝かしつけながら鶯橋へ。

車を飛ばし、往復20分くらいで戻り、帰途へ。いつもならソフトを食べにS.A.に寄るところだけど、食べたら寝るので満車の駐車場を通り過ぎた。

反省。

総じて冷たさとの戦い。服装はF.T.の彼らの真似をしよう・。
鐙初めて使った。どこでも使わないようにせねば・・。
水流の流れを克服できるチームワークの楽しさを味わった。
木や草が必要だったりするもんだが、人の体使って登るのもいい経験。
8.1*50のロープを30に摘めて正解。
下山のスムーズさがいい思い出作りの基本だったり・・。


7時間半の山行。頑張ったおかげであっという間。
久しぶりに冒険した感の強い山遊びでした。

O氏に感謝! 次回はもう少し温かくして行きましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。