To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > 山スキー > 四ッ岳ツアー

四ッ岳ツアー

年末年始どっかり寒気が居座り、同行者が見つからず出足が鈍っていたが、野人さんが合流してくれるようなので独り500kmドライブして平湯へ向かった。

メンバー 野人 ドロップ 僕

1月4日
5時20分 キャンプ場スタート
7時すぎ 渡渉点
12時すぎ 山頂下台地
12時50分 山頂
13時10分 下山開始
15時半 渡渉点
16時40分 キャンプ場


今年の冬はどうもお腹の調子が悪くテンションが上がりにくい。
3日五時半家を出る。高山ラーメンでも食べて、平湯で風呂につかり、野人さんとゆっくり酒でも飲もうと考えていたが、乗り物酔いなのかお腹が空かずコンビニでうどんを買って食べる。平湯には二時頃着いて野人さんと合流し、平湯の森でゆっくり湯につかる。

ドロップ氏が合流するらしいが夜まで時間を持て余す。後でわかったが、同じ年で手作り板で山に入る強者だった。

朝五時発と話して9時すぎ就寝。

5時のつもりで起きるが、ラーメン食べてるあいだにお二人準備完了。少し遅れてから暗い中キャンプ場を歩き出す。気温ー14度。ドロップ氏のスプリット持ってみたら激軽!野人さんのディアミール付きの板と変わらない。技術なんだ。

フォト


雪は新雪20~30cm吹き溜まりでも膝下。下には古い雪が固くキャンプ場からの急登でエッジに当たる。

野人さんの案内で渡渉点に着くがこれという橋ができておらず、3人それぞれ好みのところを渡り尾根に取り付く。

フォト


フォト


3人それぞれコースを考えながら歩いているが、思ったようにルート取れず山頂下の台地に上がるのに大きなルンゼを詰め上がる。ルンゼの左岸尾根、多分北面中央尾根を登るのが上がりやすい気もしたが岩が多く雪のついた側を選んだ。
ルンゼを詰め上がった辺りでクトーのある二人はあと5mってところで進退極まりそうになり動きが固まってはスローモーションのように進んでいた。
僕はアイゼンを付け、60度程度の固まった雪壁をピッケル多用し這い登った。

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


台地に出ると15mほどの風によろめかされた。すぐにドロップ氏と合流。シールを付けて野人さんを追いかける。彼は強風にも寒さにも負けずどんどん先をゆく。
目の前に大きな斜面が見え、左手から登るか右手に回りルンゼを行くか。野人さん右手へどんどん進む。

寒さでドロップ氏と二人のろのろ進みルンゼを抜けると頂上台地。結構広く岩がボコボコ飛び出た不思議な地形だった。

気温は‐19度。風は10~15m程度だが、露出した肌が感覚を失いかけ体が氷出すんじゃないかと早く降りようと叫ぶ。ゴーグルが目出し帽の隙間から上がった湯気で凍り視界がなくなったのでサングラスで頑張ったが、まつげも眉毛も凍りつき結局下山するまで顔面つららだった。

写真を撮りたいが寒くて余裕なし。ドロップ氏のnikon1が活躍。

北面中央の広いバーンを滑ろうと入ってみる。野人氏がなんとか横滑りしているので同じくいくが、ほとんどエッジが効いていない。ジャッーとかじゃないシャーって音を立て10m近く25度位の斜面を滑落。5mくらいはエッジをかけようとしたが止まらないので5秒も滑れば死ぬか・なんて思った時僅かな雪で止まってくれた。
本気で死ぬこと考えたのは山じゃ初めてかも。

そのあと今度はドロップ氏も1回転。3mも落ちず野人さんに引っかかって停止。みんな怪我もなさげでホッとする。

フォト


フォト


フォト


山頂から50mも降りると雪が緩みだし、さっきどえらくビビった割にはきゃーきゃー笑いながら滑り始める。びびったあとだけに太ももの疲れが尋常じゃなかった。

お互いの滑りを移そうと野人さんと交代でカメラを構えるが寒さのあまり電池切れ。予備に携帯も使ってみるがそれもダメ。なんだか寂しい・・。

フォト


フォト


少し重めだが滑りやすい雪でどんどん下降。上りのトレースに出会いやっと一息入れた。風がないのと安心感であたたかいな~なんて話すが、気温ー14度。5分も止まるとやっぱり寒い。

トレースを見失わないようにガンガン滑る。帰りの渡渉はドロップ氏の使った細い橋。ドロップ氏に続くが、ずぼずぼ足が入りここではまっても何とか帰れるか。。それよりなんだか薄暗くなってきた。

渡ってからは滑れずシールで歩いたり、ストックで漕いだり。ボードはやはり大変そうだった。

キャンプ場につくともう夕焼けが。山では写真がまともに撮れなかったがやっと3人で無事登頂と下山を祝い記念写真。早く風呂へ入ってお腹いっぱい食べてと片付ける。

フォト


夕方は晴れて綺麗な焼岳?が見える。
平湯の森で凍りかけた顔や指先が湯に浸かると痛い。転んだりぶつけたりした痣も多かった。風呂から出て濃いソフトクリームを食べた。気の利いたお姉さんがけっこう盛ってくれて大満足。すぐそのあと大盛りカツカレーを3人で食べて、みんな早めに就寝。野人さんはずっと安房山行こうを二人をそそのかすが、もうお腹いっぱい、一人で頑張ってとお別れ。

3時前吐き気がして起きる。4時半くらいまでトイレに往復。上から下から大変だった。山どころか家へ帰れるのか?そのあと3時間ほど寝て野人さんとお別れしてまた寝る。星空が綺麗だった。

10時に起き出し、3度目の風呂へ。体の体温調節がおかしい。油断するとパタッと倒れそうなので早く切り上げる。

帰路はほとんど渋滞がないのと定期的にSAのトイレがあるので高速をぼんやりドライブ。ほとんどのトイレにはお世話になり、昼寝1時間して何とか帰れたが、バリューム飲んだあとなみに緩みっぱなしで少しちびった。ムーニーズが欲しかった。

一日で取った水と食べ物はポカリ40ml程度。山で食べたものはチョコ二つぶパン半かけだけだからえらいダイエットかも。
寝る前になんとか鍋焼きうどんを食べられたからもう大丈夫か。


今回は充実した山だったが、気の抜いたやばいところがあって反省。
ゴーグルが凍るから目出し帽に鼻の穴が空いたのを持っていたが使わずゴーグル凍おる。山頂でアイゼン履いて少し降りようとしたがみんなにつられて外してしまう。エッジが丸く、新品並みのエッジで降りる野人さんと同じで行けると勘違いする。インナーグローブに重ね合わせたものを持つ、脱いだら履けないのをわかってたのに。

同行できた野人さんとドロップさんに感謝。ルートファインディングにラッセル、単独ではありえないところでした。

フォト



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR