To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 野伏ヶ岳 山スキー > 野伏ヶ岳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野伏ヶ岳

O師と土曜夜からETC千円を利用し、岐阜へ。結局片道2500円。

道の駅で酒を喰らい、翌日は5時半起床。仲居神社から6時45分に歩き始める。
1時間半で牧場跡。東尾根手前の斜面を登る。山頂10時45分どうも2番手の様。

東尾根
フォト

南面ダイレクト尾根西を標高差50Mほど滑るが腐れ雪で諦め、ダイレクト尾根へ出て山頂へ。再び北東斜面を滑りかりかりの尾根をアイゼンで登り返す。今度は北斜面を滑りそのまま林道へ出て下山。牧場周辺は板を手に持ち歩き、林道はショートカットを多用し3時前には車へ。

南面O師ドロップイン
フォト

滑りはこの数日降った30~50CMの新雪下に隠れるカリカリバーンを気にせず思い切った滑走となった。がしかし、南面は暖かすぎるために腐った雪で全く楽しめず、北側や北東では少し緩んだ雪にパウダーとはいえないが雪を蹴散らすいい滑りができました。

北面滑走
フォト

この山結構ハイキングではメジャーなようで、歩きもスキーも大勢で賑やかでした。山塊はまるで独立峰のような形で東も北もくるっと南に回りこめばスムーズに下山でき、沢にはまったり上り返しもなく楽しめる山でした。

北面登り返す
フォト

反省と言えば、兼用靴には合わないペツルのソフトアイゼンでの上りに怖い目に合い掛けた。やはりワンタッチのが欲しい。
帰って片付けていると、兼用靴のヒンジががたがたで買い替えを考えないと・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。