To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 小田原川本谷 > 小田原川本谷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原川本谷

もう暑くてたまらんので、独りで軽く歩ける沢へ。

2度寝して家を10時に出た。

11時リラクシア入り口にチャリでぽ
11時半登山口を少し入った橋から入渓
13時15分堰堤
13時30分チャリでぽ地点
13時40分車へ

独りは心もとないが、ロープ出さずに抜けれるらしく、登山道が平行していて林道に出るという初心者には最高の条件が揃っていたので体調イマイチだが軽く行ってみた。一応ほぼフル装備。

用意しているといつもテンションあがっていくのに、今回はぼんやり。
げっそりヘルメット忘れていた。

水は思ったより綺麗で、幅も広い。シャワーしても冷たすぎず気持ちいい!

フォト


梅雨明けして間もないから水が多いのか?軽く超えれる小滝が多く、小さな淵がおまけしていたり、ちょっとしたへつりがあったりでノーヘルでも楽しい!(あかんけど)
やっぱり明るい沢がいい~

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


分岐の手前で6人?チームが下ってきて挨拶。独りですか?だって。恥ずかしい・・。

すぐに黒岩の滝が左手に出現10mはないか?すんなり登れて巻かなくてすみほっとする。

フォト


フォト


それからも川原に大岩ごろごろ、小滝に淵が続き、いつの間にか左手から林道を走るバイクの爆音が聞こえ始めて堰堤へ突き当たり終了。

堰堤では親子が水遊びしていて、一番に怪しいおっさんを見つけたちびちゃんに怖がられないよう手を振ってばいばいした。

今年初シャワーして気持ちよかったので、暁晴山には登らず林道を15分歩いてからチャリで漕ぐこともなく下山。下山して着替えた途端小雨が降り出した。

フォト

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。