To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 白山ハイキング ハイキング > 白山ハイキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山ハイキング

会社の同好会メインで一昨年と同じコースを回ってきた。下山だけ観光新道がしんどいから砂防新道で。

メンバー 僕 浅見 井上 皆川 うーたん

コース 別当出合~南竜ヶ馬場 ~室堂~御前峰~御池巡り~室堂~別当出合

土日の予定。天気予報、山頂で曇りと霧。降水確率が50%超えたので中止。
ぶーにゃんが日月でも行きたい!と再計画。月曜の午後晴れ間が見れるらしい。

朝、会社を5時に出る。10時半には市ノ瀬からバスに乗れて11時過ぎ別当出合から砂防新道を歩き出す。

全員いいペースでコースタイム通りにてん場へ到着。途中甚ノ助避難小屋がリニューアルされてた。

フォト


ガスに包まれ、残雪も前回より多いのでセンターで話を聞くと、トンビ岩コースや観光コース?はアイゼンがいるとの事。ハイキングシューズのメンバーでは危ないので、エコーラインを選択する。

フォト


テントの数は少ない。僕のテントにうーたん、ぶーにゃん、井上が入り、ツエルとで僕と浅見が過ごすことにするが、奇跡が起こり夜半雨が降るが快適な寝場所に入ることができる!

フォト


・・・場所はいいが、ぐっ~やぁ~ん ぐっ~ごっごっごっ ・・ぐあ~
 どっ~ん など戦場さながらの爆音でまともに寝れなかった。

6時過ぎスタート。エコーラインにも雪が残る。花が綺麗で各自100枚以上は写真撮ってたと思う。もちろんコースタイムはオーバー。

フォト


フォト


フォト


室堂で視界100Mくらいあって山頂は見えないが、風も強くなく快適。

フォト


黒ユリが大量に咲いていて、前回の様なありがたさがなかったが多種小さな花が綺麗。

フォト


フォト


山頂の奥宮でおみくじを引き、ガスと10M程度の風の中を御池巡りを始める。

前回は雪渓と青い池を見ながら歩いたが、今回は雪で道が消えガスで曇った黒い池を見ながら歩く。

フォト


フォト


途中道を見失った運動靴の親子が後ろをついてきたのだが、雪のトラバースが多いので危なっかしくて注意したり、子供の手を引く事までする羽目になった。可愛らしくてよいが、最初の時点で引き返すように言うべきだったか?

フォト


室堂に戻り、下山を始めるころには青空が見えだし、別山や下界が眩しくてもう一日いたくなった。

フォト


砂防新道は歩きやすくて疲れた足にはありがたかったが、なぜか井上の調子が良く、日頃から足の速いぶーにゃんとさっさと先行。うーたんも少し離れてどんどん歩く。どうも寝た量に下山速度が比例しているようだった。

フォト


甚ノ助避難小屋辺りからまた子連れが気になり付いていく。まだ4歳くらいの女の子だが、お母さんにぶら下がる状態で歩いてる。靴はがばがばだがリボンや服はおされさんだった。まず靴だろう!と思うおいらは間違ってるのか・・。

どんどん気温が上がり歩くのも嫌になるころ橋が見え、15時半のバスに間に合う。

今回は沢での水浴びは止めて一気に帰ることになったが、栗東で35KM渋滞が嫌で小浜回りで移動する事にし、敦賀の王将で気持ち悪くなるまで食べた。道が良くなっていて、渋滞なし。11時ごろには姫路に到着。

雨やガスに少しやられた山行きになったが、前回以上に花が綺麗で楽しく過ごせた。白山は梅雨明け恒例になりそう。次回は平瀬からにしようか・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。