To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 大山 山スキー > 大山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山

南岸低気圧が通り、姫路市内に雪が積もった。
日本海側は関係ないのだろうが、オリンピックに影響されてる野人さんと少しは雪が降ってるかも~と待ち合わす。土曜は暇だったので、湯原温泉の砂湯でのぼせて気分が悪くなったりのロングドライブ。寄り道時間40分込み6時間もかかってしまった。おっさん二人馬鹿話して22時過ぎ就寝。

6時起床

7時半 生真面目な野人さん。ちゃんと登山届けを書きながら、”夏道なんか・・”どーのこーの言うのを、僕も心の中で”しゃーない、天気悪いし”とぼやきながら、ほとんど氷の上に砂糖を振った程度の階段を歩き、7合辺りで視界が無くなってきたところで元谷へ。

2014.2.9 009

2014.2.9 008

視界20~30M。風で叩かれ綿のインナー手袋が凍りだす。ブッシュと凍った雪を斜滑降でこなし、締まった雪を少し遊ぶとすぐに一つ目の堰堤へ。ここで休止してから行者尾根を上り返す。5合上辺りに出る少ししたで雪面が固まりだし少し難儀する。

2014.2.9 015

2014.2.9 016

6合小屋で板を履き尾根を少し滑って行者谷辺りを元谷に滑り込み、大堰堤右岸から谷を滑り金門へ。怖いので入ってみるかうだうだ言うが、お馬鹿な二人は行ってみる。やばけりゃロープか?ピッケル持ってて良かった~。

板を履いたまま渡渉し、気持ちが入ったところで右岸から2mほど飛び降り、60~70度ある壁をトラバースしてどきどきたいむはお終い。野人さんは板を背負ってちょいクライムダウン。野人さん慣れてないTLTにてこずる。下で待つ僕は一服。二人無事通過できました!あっロープ出しとけば良かった・・。落ちたら痛い場所です。良い子は行ってません。野人さん曰く”悪い子も行かんやろ!”・・おいおい。

2014.2.9 024

2014.2.9 028

2014.2.9 029

2014.2.9 032

12時半金門から右岸を駐車場へ。感慨がない山だけどちょっとおまけ付きになりました。サンダーで削ったB3のエッジが凍った雪に食いつき安心感があった。

帰りは院庄~作東間のみ高速使用。500円。3時間半のドライブでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。