To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 前鬼~孔雀尾根 ハイキング > 前鬼~孔雀尾根

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前鬼~孔雀尾根

先週どか~んと雪が降ったがスキーの計画できず、ぶ~にゃんがどこか行きたいと言うのでそれなりに歩けるコースを計画した。まあいつものごとく人のブログからぱくっただけだけど。

メンバー 僕、ぶ~にゃん

6時20分 登山口
6時50分 前鬼宿坊
8時45分 奥駆分岐
9時00分 大日岳
10時00分 釈迦ヶ岳
12時00分 孔雀岳
13時00分 孔雀尾根分岐
14時30分 三重滝上段
14時50分 三重滝中段
16時00分 前鬼川渡渉点
17時05分 前鬼宿坊
17時30分 登山口

金曜夜会社で待ち合わせ、22時半吉野路上北山で寝る。
朝5時過ぎトイレに行きたくなり起きる。
林道通行止めの所が登山口。他には大阪ナンバーの車が一台。
2014.4.12 001
アスファルトを歩き、綺麗なロッジが2棟並ぶ宿坊とテン場がある。前鬼の本家裏辺りから廃村跡の石垣を抜け静かな登山道に入る。
2014.4.12 002
尾根に出るまでは急な場所も無く歩き易い。息が上がるころ見上げると二つ岩がそそり立つ。ぶ~にゃんはしゃいで股に入る。逆さまにしたら・・。
2014.4.12 004
2014.4.12 011
雪が残り少し気温が落ちた辺りで縦走路に。薄く曇っているがいい天気。大台などが見渡せて爽快。
2014.4.12 017

2014.4.12 018
ちょっと歩くと岩峰が。年季の入った鎖を掴まないと登れず、ぶ~にゃんビビッてお留守番。山頂にはお釈迦様。ふと見ると西側に道があり、あっさり鎖場下に降りれた。
2014.4.12 019
2014.4.12 020
小さいピークを過ぎた広い鞍部にお堂と避難小屋があった。お泊りok。
2014.4.12 033
2014.4.12 032
釈迦ヶ岳が見える辺りで50位のおっちゃんに挨拶。その後5分で30台の兄さんと挨拶。その後は釈迦ヶ岳で休憩していて旭からきた兄さんに挨拶したが、全部でこれだけの人にしか会わなかった。人気無いのか?
2014.4.12 038
釈迦からの下りは雪が付きちょっとわくわく。よくコケルぶ~にゃんを少し心配。あんまり良いとは言えないが,僕より思い切りはいい。
2014.4.12 041
2014.4.12 043
2014.4.12 050
孔雀を過ぎ、右手の尾根に入りたいが、広い尾根で先も見えずGPSのお世話になる。ちょうど石標が見印かな。
2014.4.12 055
この先も道はついていないのでずっとGPSを握り締めていた。
膝が痛くなるころ滝に到着。まだ時間があるのでゆっくり滝見。60Mほどはある滝が3段ある。上段らしいが立派!
2014.4.12 059
不明瞭な尾根をごそごそ降りたら木の道標を見つける。滝見道は獣道程度。鉄の階段下りて中段の滝。これまた立派!
2014.4.12 061
下段の滝は落ち口から覗いただけ。もう時間が怪しい。体調も怪しい。
2014.4.12 062
トラバースしながらもどるのだが、意外と距離があって踏み跡も微妙。ついつい前鬼川の下降路をたどってしまい無駄に歩いてしまう。疲れて腐れた。沢の口が渡渉点で鉄筋階段がついてた。
2014.4.12 064
渡渉してからも少し丘越えがありバテル。
2014.4.12 065
綺麗な花畑に着くと宿坊に出た。
2014.4.12 071
後はジグザグのアスファルト道をまっすぐショートカットして車へ。朝いた車は帰り、プラドが1台。単独のおじさんとおしゃべり。ぶ~にゃんがぬるいコーラを分けてもらって喜んでいた。二人とも体分へばったようだ。
帰り道。遅いので橿原辺りで晩御飯のつもりだったが、ぶ~にゃん帰ってから食べると。23時近くなるのに。しょーがないのでコンビニ弁当で我慢。嫁がいたらそんなにしないとあかんのか・・。おいらにゃわからん!

トラック

帰ってから、途中でよく電源が切れるGPSを良く見たら、電池の接点がもげていた。。。まだ5年ほどしか使ってないのに!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。