To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 西穂槍 ハイキング > 西穂槍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西穂槍

8月の休日はなかなか好天に恵まれなかったので、この3連休はゆっくり岩稜巡りに行きたいと一度中途半端で引き返したコースを歩いてきた。

メンバー 僕、ぶーにゃん
新穂高~西穂高~穂高岳山荘~飛騨乗越~新穂高

金曜18時会社で合流、デリカで渋滞無く新穂高へ。駐車場が使えず路駐行列に駐車。

IMGP0001.jpg

土曜8時半のロープウェイで楽々稜線へ。西穂高までの遊歩道はゆっくり歩く人たちが道を譲ってくれてすいすい山荘まで。

IMGP0006.jpg

槍、笠、双六方面がすっきり見渡せる。最高の天気。

IMGP0016.jpg

人も少なくマイペースで歩けて気持いい。西穂高手前でよそのパーティーのお姉さんと少し話しながら歩きそのままピークへ。残念ながら山ガールエリアはそこまで。手を使うことの多い道はぱらぱらだが思ったより人ははおおい。ブーニャンのペースが落ち始めるが、それなりには進んでくれるので心配は無い。

二人ともほとんど寝れず頭が痛い。ロキソニン飲んだらあっという間にいい気分。消毒以上に必帯!

IMGP0034.jpg

ジャンダルムに差し掛かる頃にはガスが出始め幽玄な雰囲気でテンション上がる。馬の背で70オーバーの二人と挨拶、3時西穂高を出たらしい。その気迫に尊敬する。

IMGP0045.jpg

16時 穂穂高で記念撮影。ずっとガレ歩きだったがそのガレ山ピークって感じ。ぶーにゃん調子上がりすぎてよその人の足を踏んで睨まれた。怪我無くほっとする。

IMGP0053.jpg

16時半 穂高岳山荘 人の多さに幻滅。道には人が少なくて快適な小屋泊まりになると思ってたのにがっかり。布団一枚に3人で寝てくれという。しかも乾燥室で隙間風付きだった。知り合いに会わないなと思ったら神戸さん夫婦とばったり。久しぶりと近況を語った。夜は天の川も見えて同室のフランス人に教えると喜んでいた。

日曜4時起床、四時半出発。日の出を見る客が多く、奥穂よ唐沢に向かってヘッデン行列が出来る。

IMGP0003.jpg

IMGP0009q.jpg

IMGP0014q.jpg

IMGP0026q.jpg

久しぶりの日の出。富士山も見えるいい天気。少し露が凍ってるので注意が要る。ぶーにゃんのペースが上がらないが、他の登山者も遅いのでのんびり進む。

IMGP0022q.jpg

北穂の小屋を越えると道も狭くなり、岳沢から登ってくる人たちとのすれ違いに時間がかかる。南岳辺りは遊歩道。槍からの人で賑わっている。北穂も南も小屋での泊まりは同じ賑わいだったようだ。

IMGP0033q.jpg

IMGP0038q.jpg

南岳手前も結構しんどい。疲れが出始める。

IMGP0046q.jpg

槍の渋滞が見える。肩の小屋から待ち時間4時間とのこと。大食辺りでは千鳥足。槍などいらんとさっさと下山。飛騨沢を降りて水平道に入ったところでブーニャンがすれ違う登山者に長谷川さん発見しご挨拶。そこからがとにかく長く足がパンパン。手もパンパン。またやってしまった水不足らしい。

16時半下山。完全に足が終わっていた。テント無しでも12時間近く動くと疲れる。水不足が一番悪かったのか。一日で700mlしか飲んでなかった。帰り道カレーを食べたが、水飲みすぎてお腹が痛かった。

翌日の月曜日。雪彦にリハビリ登山。いつもの倍掛けて虹が滝から左回りしたが、大天井の常連に時間を尋ねると1時間で着いたらしくこれまで最短だった。ここで頭痛が・・。またやってしまった。おかげで筋肉痛はおさらば。疲れた翌日に運動はとてもいい。

下り始めるといきなり中華系の方々に案内を頼まれるが遅すぎて放置。ゆっくり目に歩いていると山ガール4人組が煽って来た。久しぶりにモテたとおもったら、迷子が怖くて丁度いいと狙われたようだった。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

お疲れさまでした

体調不良とあまり岩慣れしてないので待ってもらってばかりで申し訳ない。
天気も良く、一度は行ってみたい所だったので楽しかったです。

No title

お疲れ!
寝不足なければお互いもっといいペースやったと思う。岩慣れよりそっちかも。お互い反省が多いな。
おいらは水の摂取不足とカメラ。ぶーにゃんは山のルートなどの情報不測、予備の食料が無い。いつでも単独行動がとれるようにしないと。重い荷物はその次で。ボッカは期待してるで!

No title

さくっと西穂→槍をこなすあたり流石です!
それにしても駐車場渋滞に始まって、布団3人寝、穂先4時間待ちまでグッとくるなぁ…。
今年は夏の天気が死んでたので秋の旬は混雑しますねー

No title

どM心がくすぐられますか!そもそもバリエーション嗜好、でも寝不足は最悪です。
今年はカメムシが多いしいい冬が来そうですね。
そろそろ板眺めを始めないと・・。

あのルートを1泊2日で歩けるなんてほんと凄いですね!でもいのさんの歩きを考えたら納得です

No title

まみさん 次は前穂したいですね~

前穂 北尾根、誰も付き合ってくれそうにないのでご一緒させて頂けたら幸いです(*^^*)
できれば明神に縦走も♪
プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。