To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 大山 三の沢~剣が峰~振り子沢~地獄谷~烏谷~烏ヶ山~文珠谷 ハイキング > 大山 三の沢~剣が峰~振り子沢~地獄谷~烏谷~烏ヶ山~文珠谷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山 三の沢~剣が峰~振り子沢~地獄谷~烏谷~烏ヶ山~文珠谷

台風19号が直撃?と思いつつ、運が良ければと土曜入りで日曜北鎌尾根を計画する。
水曜に日曜夕方あたりから悪天とみて計画中止。三の沢でもハイキングしようと誘われて行くことにした。

金曜夜移動。枡水で11時半ごろなべさんと合流。おっさん二人で1時半まで宴会して寝る。月に姿を現すガスで作られた竜のような渦が綺麗だった。

土曜6時起床。7時に土井さんとまみさんに合流。まみさんはお初です。

7時半三の沢スタート。いい天気だが夜に見た風が少し心配。お腹がイマイチだけど藪が多くて助かる。

sIMGP0001000000.jpg

sssIMGP0004000001000000000001.jpg

sssIMGP0006000002000001000002.jpg

稜線手前ですれ違う人から”風で飛ばされるので危ないから戻ってきました”と聞く。駐車場でも下山者の団体を見かけたけど同じだったんだろう。

上がってみると10~15mの風。でも高気圧の風は最高に気持ちいい!冬の風に比べたら楽勝となべさんと笑う。馬鹿かも知れない。

窪地で休んでいると土井さんの友達がソロで登場して盛り上がり、そのままのテンションで天狗まで行って振り子かなあ、と計画変更。寒いので合羽を着込む。その細田さんはピストンの予定だったが釣られたのか同行に。

歩き出すとそれなりに経験のあるメンバー、そのまま剣が峰へ到着。風に振られてちょっとどきどきが楽しい。みんなあぶないな~と笑ってる。変態が揃った・・。土井さんの友達は大山マスターとか呼ばれていた。なべさんもエグイが、夏山はこちらの方が凄いみたい。このメンバーならと烏谷もセットに入れて17時半下山の計画に変更。

sssIMGP0012000003000002000003.jpg

sssIMGP0014000004000003000004.jpg

sssIMGP0016000005000004000005.jpg

何とかバタバタ風に叩かれる稜線から逃れて振り子沢に入ると夏山に戻る。すぐに合羽はザックへ。二子の方に少し迷う。10分ほど削った。足元の石が黒い苔に緑の苔が重なって滑る。

地獄谷は思ったより歩きやすくて岩を飛ぶ。駒鳥の小屋を越えて15分程度で右手に二条の滝。それから左手に細い滝。10分ほどで烏谷への滝。5mほど登って沢らしい谷をどんどん歩く。

sssIMGP0023000006000005000006.jpg

sssIMGP0026000007000006000007.jpg

sssIMGP0027000008000007000008.jpg

大きな滝は無いが登れる滝が4つ5つあって遊ぶ。結構切れていてゴルジュの様相。

sssIMGP0028000009000008000009.jpg

sssIMGP0029000010000009000010.jpg

sssIMGP0033000011000010000011.jpg

遊びすぎまみさん 
sssIMGP0034000012000011000012.jpg
はまるまみさん
sssIMGP0035000013000012000013.jpg
はまってくれない濃いスギさん
sssIMGP0036000014000013000014.jpg

岩も沢やるしフルを走れる彼女ははまっても笑ってる。僕も人を笑えず、巻く最中脆い壁を少し落ちたが、なべさんに止めてもらって助かる。ふと岩陰見たらトンネルだった。観察ミス。ヘルメットないので頭ぶつけるところだった。

1時間近く沢登りを楽しんだら左手に赤テープがあるところを稜線めがけてどんどん登る。30分ほどずっと傾斜が強いが最初から最後までロープがあって助かった。でもコルに出るころには脚にきていた。

コルから30分ばかり笹藪の登山道を頑張ると尖った烏へ到着。東方向は低い雲海で甲ヶ山が綺麗。

sssIMGP0042000015000014000015.jpg

sssIMGP0043000016000015000016.jpg

烏の山頂、岩の上でゆっくりくつろぎ、はしゃいだりして一気に下降。疲れて予定時間は無理かと思っていたが何とか明るいうちに降りれそう。やばいはずの道だがロープが多くて怖くない。どこかで太ももをぶつけたなべさん、痛い割りに小走りで先を行く。ランナー二人にスキーのインストラクターをやる大山マスターが後ろにいるとハイキングでも燃えるのかもしれない。

sssIMGP0046000017000016000017.jpg

sssIMGP0048000018000017000018.jpg

烏からはほとんど止まらず日の余り入らない道をどんどん歩くが疲れて飽きてくる。文鳥水までくるとほっとして水をがぶ飲み。5分ほどで環状道路に出た。17時20分。

沈む夕日に消え行く背中・・。

sssIMGP0050000019000018000019.jpg

おもったより疲れた。だいぶ頑張ったと思う。ハイキングといいながら強風の稜線と沢登りなどばりえーしょんな一日だった。いい仲間はいい仲間を呼ぶ。またいい山でいい友達が増えました。まみさん岩や沢で!細田さん雪山で!また遊んでください。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

大山を満喫されてて羨ましいi-234
未だに剣が峰に立ててない…立つ日が来るのかな~i-273

No title

あ、野人さんの記録と勘違いして気安くコメントしてしまいました。
失礼しました。

変化に富んだルートでとても楽しかったですねー!
怖がってる時にサポートしてくださり、ありがとうございました(*^^*)
野人さんといのさんの身軽か歩きとバランスの良さが素晴らしかったです。
私も脚力とバランス鍛えなきゃ~

No title

さるしっぽさん 時々お名前お聞きしますよ。
剣が峰は三の沢からが一番気楽かも。他は立ち入り禁止看板が気になりますので。

No title

まみさん さすがうっかりの名前通り?、一緒に歩くと楽しかったです。野人さんの知り合いの山ガールはみんな強いのでちょっと油断したらおいていかれそうです。昨日は疲れてぼんやりしていました。

いのさん
本当に、ご一緒させていただきありがとうございました!
境港の細田です(^_^)
雪山でも、よろしくお願いしますね!(^^)!

No title

細田さん ご案内助かりました!濃いコースを濃いメンバーで楽しかったですね。またお願いします。
プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。