To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 明神山 西面 ハイキング > 明神山 西面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明神山 西面

意外とあつい里山だった。

いつもの雪彦山よりは近い里山で時々お世話になっているが、ふとネットで記録を見てたら岩稜から懸垂とか、トラロープがなどと面白そうな記録が有ったので行ってみた。地図もログも何も持たずでてきとー。

11時スタート 10時に家を出る。菅生ダム辺りのコースからか、もしくは数キロ下流の神社からがハイキングコースだったはずだが、ダム下の水道施設から尾根にいい階段がある。神社から続く尾根に取り付く。数キロの尾根。道は明瞭、テープも多すぎるぐらいで歩きよい。葉っぱが多く、所々急なところもあってハイカーではきつい感じ。きょろきょろも少しある。尾根まで上がると低いけどいい景色。ちょうどお昼すぎでおにぎりぱくつく。見渡せば岩の多い稜線が多い。

神社から北東へ伸びる尾根。谷間の集落の右手には帰りのダムも。
2014.11.30明神山 001


右手、神社からの尾根の左、馬谷?正面ルートA~Cとかの駐車場から西へ2KMばかりを北上するコースがある。
2014.11.30明神山 003


明神西のピークが分岐で、少し下がった辺りで7人ほどの山岳会風の方々と挨拶。明神手前でアベックの方と挨拶。少し話すが、奥さん?にあれやこれやとコース名やキレットがどーのこーの聞かれてもさっぱり分からん。

明神めいんのA・Bコースと合流ポイント
2014.11.30明神山 004


13時15分 山頂は大賑わいだったのでパンをかじって早々に退却。滑り落ちるように来た道を戻る。

帰りは登りの時に左手に見えていた大きな岩のある稜線を戻り、ダム湖際の登山口に下りるつもりがついついゴジラの背っぽい岩肌を降りる。が、踏み後ない・・。突っ込んでも良いけど初めての道を見てみたいのでトラバース開始。30分ほど右手へ進み登山道へ入る。無駄は10分くらいかな。登山道といっても結構急なのでトラバースして突っ込んだ藪のほうが歩きやすかった。

2014.11.30明神山 005

大きな岩のところへ来るとのぼりで出会った山岳会?が懸垂下降していた。巻き道あるしここは懸垂しないと危ないと教えてもらう。お邪魔だがせっかくなのでまっすぐ岩を一つクライムダウンしてロープの横をフリーで登らせてもらう。3~4級くらい。二つ目の岩からそのまままっすぐ西へ道を進むとダム横の公園へ下山。14時10分。

2014.11.30明神山 006

2014.11.30明神山 007

車道を帰るのが無難だが、ダムを回りこむのが遠そうなのでダム左岸に入って行く。ずるずるだが踏み跡があってすんなりダム下へ出る。14時30分。
2014.11.30明神山 009

駐車場へ行くショートカットにいい水場がある2014.11.30明神山 010
。凄く柔らかで甘い系の水。


いいコースだった。ちょっとハイキングコースとしてはお勧めできないけど、岩を少しやったりバリエーション好きならお気楽里山コースで気持ちいい。人が少ないのも良いが夏は暑すぎ、クモの巣との戦いがまずい。いい時に歩けた。
明神山 西面 





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。