To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > ご高齢のUBS-26GW > ご高齢のUBS-26GW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご高齢のUBS-26GW

年1は壊れてくれるB.H.。今年はよりによって雪の大山でT.O.D.が機能せず、快適な4WDが生かせないのでひもじい思いをした。おかげでCX-5で寝れるけど350万とか、アウトバックもビッグホーン並に?悪路に強いとか、15歳で引退をと考えていた。

この3日間、もしかしたら簡単に直るかも。センサー1個くらいなら5万までかな。などと期待して、KUMAGOROUさんのブログやディーラーに部品の取り付け場所を聞いて弄ってたら直ってしまった。まだ頑張ってもらおうビッグホーン。


まずは調子の悪いT.O.D.。センサーを疑い、リードスイッチのようなものなので掃除。
簡単だっただけに直らない。これ替えたら3万近いらしい。2個ついている。
CA3I0002.jpg

掃除したオイルが余りにヘドロなので、翌日オイル交換。抜いたオイルはまあほとんど重油に近い色。新しいオイルが綺麗で人間もこうやって綺麗な血に交換できたら元気になりそうだと思ってしまう。ついでにエンジンオイル見たらゲージに付いてない。3ヶ月で1Lとは泣ける。なみなみ足してやった。
CA3I0004.jpg

ディーラーサービスに聞くと、4WDに入るか分かりやすい方法があるからと言われて試してみる。フロント浮かせて電磁くラッチが入り切りした各状態をタイヤを回して確認。少し入り切りで抵抗が違う。T.O.D.動いている感じ。

ところが、左側だけタイヤを回すとごろごろする。ハブベアリングが逝った?。とりあえず、ハブのカップを外して空回ししたら問題ない。戻したら直っていた。何や?

次に疑ったV.S.V.(バキュームバルブ)と動作確認のスイッチ。ディーラーにまた電話して電圧など教えてもらう。それぞれホースを引っこ抜いてシューシュー確認と接点ON/OFF確認。調子良さげ。分からなくなってきた。ただスイッチに入る電圧が12Vと聞いたが、6Vしかない。
悩んでいたら今度はENG.CHECKが点灯。ねんやねん!
CA3I0005.jpg

電磁クラッチのコイルも抵抗OK.あとはコンピュータの故障かコネクターや配線かと、そこらじゅうのコネクターを556かけて掃除。ブレーキのマスタシリンダーとワイパーモーターのコネクターがエグイ汚さだった。

CA3I0007.jpg

防水用のシーラーが解けてコネクターに入ってた。それのせいで青かびぎたぎた。ここでENG.CHECKランプが消えた。これはいい兆候。アースもねじ緩めて閉めて。後付けの強制50:50スイッチもテスターで・・。壊れてた。で交換。
CA3I0006.jpg

ふとTODのインジケーター見たらTODのCHECKランプが消えている!
CA3I0009.jpg

やった!毎日寒い中、ダンボールひいて、ジャッキ上げて頑張った甲斐があった。嬉しくてその辺うろうろ暴走して確認。50:50スイッチを入れてからのランプ点灯までが少し長くなったが、二つのCHECKランプが消えて良かった。触ってないのにATの動きが軽くなった。エンジンの吹け上がりも軽い。これでもう一回車検を受けなきゃ!夏タイヤも買って、割れてるボールジョイントも直してやらないと。うるさいプーリーベアリングも手入れしようかな・・。200,000KMだしタイミングベルトも替えないと・・。次から次に課題が戻ってきた。

直らず買い換えたほうがましなのか・・?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。