To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 26GW A/C クラッチ調整 > 26GW A/C クラッチ調整

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26GW A/C クラッチ調整

2015.7.5 054

2015.7.5 055

タイベル、ウォーターポンプ、各ベアリンング、ヘッドガスケットなど替えたとき、うるさいA/Cクラッチベアリングを苦労して輸入、交換できたが、それから走り出して10分もしたらクラッチが入らなくなった。

この2週間回路図とにらめっこ。ユニット分解してバルブやセンサー交換?

いろいろ悩み、一番クラッチに近いリレーのテスト、電圧チェックするが異常なし。走り出して熱でふやけたクラッチが滑っているのが原因としか思えない。

雨が降ると窓が真っ白けになるのでタオルが標準装備!・・泣ける日々に嫌気が差して交換開始。(雨の予報だし)

臭いエバポにバスマジックリンかけてからクラッチ交換を始める。
前に作った治具でクラッチプレートを引き抜く。5MM穴が馬鹿になり6MMタップ。SUSボルトを使ったのが大失敗。普通の鉄がましだった。一度外しているのですんなり外れた。・・次回があるなら45Cくらいのボルトを準備したほうがいい。
クラッチプレートを外し薄いシムを抜いた。隙間1.0MMくらいが0.5MMほどになった。

上手くいったところでエバポに水道ホースを突っ込み水道で洗うが、油断してホースを蹴飛ばし水だらけ。ドレンから垂れた排水が臭い。

ついでにお漏らししているエンジンにオイル添加剤。パワーシールドをエンジンオイル10W-30に混ぜて投入。いきなり静かで感激。

福崎の爺様の顔を見にテストドライブ。いい感じに冷えだした。たった50KMのテストだが、オイルちびりも無くなった。しばらく様子見。

1年落ちで買って15年目。マイカーになって一番調子がいい。次は燃料系とブレーキマスター、エアフロくらいが心配。やるべきか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。