To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 北広島 坂根谷右俣 > 北広島 坂根谷右俣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北広島 坂根谷右俣

先月中旬にりんさんと関節とで大山地獄谷からカラス谷を歩き、次回は沢へと話をしていた。

そろそろどこにしようかと思案していると、まみさんから広島への誘い。ちょっと遠いが、みんな広島なので足を伸ばした。ちょうどリーダーを島男さんがやるらしいので、彼とも会ったことがあるため気兼ねなく行けた。

メンバー 島男 まみさん ゆうさん りんさん 関節職人 僕

情報では上級で振り子トラバースとか。初心者も多くきつそうだが、みんなそれなりにキワモノ。島男さんが大丈夫と言っても僕のレベル落ちが激しくてちょっと心配。

前日土曜、休みなのでATFのオイル量を確認。2L程交換してから山陽道~広島道?~中国道で戸河内ICへ。

3時ごろにはついたので、インター近くのラーメンを食べて、うろうろ三段峡や温井ダム、沢の近辺をドライブ。深い谷が多そうで明日が楽しみ。みんな早ければ馬鹿話して宴会と思っていたが9時過ぎには熟睡。

5時明るくなり始めて目が覚める。よく寝れていい朝。近くにCX-5が停まってる。ちょっと悪戯したいが遠慮した。関節の車も発見。彼らと挨拶していると島男さんとまみさんが到着。車3台で移動。僕の車を那須へデポ。板根集落奥の林道終点から入渓。
2015.7.12 022

藪を少し入り、堰堤上から遡行開始。以外に広い沢だが西日本らしい暗さが渋い。大きな岩がごろごろしていていいヲーミングアップになる。

F1は割れ目登り、つっぱりでりんさんがほいほい突っ込む。しなやかで見惚れる。
2015.7.12 023
2015.7.12 027

F2。ここが核心らしく5Mの割れ目にチョックストーン。つっぱりもありかもしれないが、左岸の壁が少しハング、苔で覆われ、手前に開いているので体力勝負。右岸が階段だが5Mほどから右へのトラバースが微妙。残置があったので何とかなったが、チョックストーンへの2手が渋かった。

島男さんのリードで始めるが、ビレイが上手くいかず彼に無理をさせ、2回ほどブランコさせてしまう。リングボルトへ届かず、右へ伸ばしたのが敗因かな。

何とかチョックストーンに抜け、割れ目を支点工作に上がるが、シャワークライムを強いられ寒さに泣いた。みんなFINETRACKやウエットスーツを着ていたのが羨ましい。準備不足だった。チョックにロープで支点が作ってあり、そこからFIX.震えてスクワットが始まった。

セカンドがゆうさん。さすが経験値上げまくっているだけにじわじわ安心の動きで登ってきた。頑張った分凄くいい笑顔。寒さも忘れ一緒に笑う。まだ2度目でも自然に笑える。いい時間。
2015.7.12 030

次に関節職人。パワーは申し分ないがゴム手袋はいてて無駄が多い。もったいない!チョックストーン上で落ちるが、ちょうどそこって所に不時着。自分でもついてると思ったんだろう。彼もむき出し(表現しにくい)で笑ってる。そこから僕のザックを引き上げて片手で持ち、シャワーを浴びながらよじ登るが、それなりの場所なので苦しみもがいていた。せっかくいい気分だったのに申し訳ない。苦しんでるのを見ながらだいぶん笑わせてもらった。彼がいたら余裕が生まれる。
2015.7.12 031
2015.7.12 032

次がまみさん。底なし体力だけど岩系はと心配していたが、何とかチョックストーンに不時着し、シャワーに押し返されたりしながらも何とかもがいて登った。このメンバーでは一番頑張った様子。きっと凄い頑張り屋なんだろう。
2015.7.12 035

次がりんさん。ダイナミックな登りを見せる。下から見上げてたら涎物?きっと見た者を虜にしただろう。しなやかでカッコイイ!あっという間に到着。
2015.7.12 037

ラスト、フォローに島男さん。リングボルトに捨て輪して僕がチョックストーンでビレイ。やはりここぞのビレイは上手くいかない。申し訳ない。

少し登ってゆっくり休む。みんないい笑顔。また遊んでもらいたいと思う。

あとはりんさんとまみさんががんがん進む。一度左岸巻きするところでりんさんが小さな落石に太ももを直撃されて固まる。タフな彼女だけに可愛そう。まあ1分もしたら何も無かったかのように登っていたのには感心した。

やばそうな泥壁登りも島男さんがリード。経験値が物を言う。
2015.7.12 038

F8くらいか、50M規模の滝に出会う。記念撮影をして右岸を巻く。7割登って右抜けもあるらしいが、それなりに疲れてたのであっさり逃げた。長時間のビレイが無ければ登ってたかもしれないが、最上部のスラブが気持ち悪そう。まあ登らないで正解だろう。
2015.7.12 044


所々に険しい要素が多く、滝以外も楽しめる。ゆうさんが先に行くと離されそうになる。やばいと避けたところはりんさが突入。エグイ山女たちだった。

大滝から少しで明らかに終了らしい緩い流れになり、小さな二股の左岸から緩い尾根を藪漕ぎ、20分ちょっとで登山道に出た。ガスが出ているし、風で木々が揺れていて夏なのに爽快。沢靴でそのまま尾根を東へ下山。3時15分。

すし詰めの僕の車で板根集落へ戻り、戸河内IC近くのコロッケ屋さんで上手い鳥のもも焼きとおにぎり、コロッケ食べて、再びゆうさんの撮った動画で笑い転げて解散。

広島島根には渋い沢が多いと聞いていたが、案内が無ければ来れなかっただろう。いいメンバーで楽しかっただけに帰りのドライブが長かった。
2015.7.12板根谷右俣
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

振り子トラバースするいのさん,いいもの見させていただきました。e-465
F2はみんなそれぞれ面白かったですね。
深夜到着で1人宴会、翌日はちょっと二日酔いで頭痛・・・次はみんなでわいわいやりましょう。もちろん山も!

No title

ゆーさん 宴会も山には大事なイベントですね。ただ先に寝てても悪戯は勘弁。噛み付くかも。
今回はほんと充実しました。何よりいろいろ笑ったのがいい思い出になりました。
綺麗なお姉さんがいいと思ってたけど、やっぱりタフな方が馴染みますな。

ヘトヘトになったけど、最強メンバーが揃って楽しい1日でした♪
遠いところ、ほんとありがとうございました!
自分的にF2がふがいなかったので、リベンジしたい気分です(笑)

No title

まみさん 

広島は前夜移動できれば”あり”です。岐阜や和歌山よりは近いので。

今度F2やるなら大滝もセットですね!どちらも落ちる覚悟が要りますが・・。鍛えなおさないとやばいです。
プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。