To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 雨の甲川 下の廊下 > 雨の甲川 下の廊下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の甲川 下の廊下

毎年一度はと思いながら、相方に恵まれなかったこの数年。もうゴルジュ攻めの楽しさを忘れかけていたが、小叉川に続きなぜかこの寒い9月になって行こうという鬼のような誘いになぜかわくわくしてしまい、安いウエットスーツを買ってしまった。
買ったからには少しくらいの雨でも寒さ知らずで何とかなるかと出撃。下山したらトマト鍋でまったりするのが本ちゃんだったりするが、全てが計画倒れに。

前夜のんびり会社から移動。9時半頃には香取に到着。少し離れたところから楽しそうな笑い声が聞こえる。こちらは独りでまったくどーしようもないのですぐシュラフへ潜る。なんだか寝れずに呑み直し1時頃には就寝。

朝5時前には雨音で目が覚める。6時半頃山屋な雰囲気の男が2台やってくる。今日の同行者か?とラーメンすすってたらゆーがやってきて彼らと話し出す。濃い元気な二人で紹介されたが、片方だけ一緒になるらしい。頼れそうなのでお気楽気分で増水した沢に入る。

記憶はほとんど消えているが、滝に落ちる水が白く水流突破のラインはどーにもならない雰囲気。

なのにがんがん突っ込みだすのでついていくしかない。ゆーは相変わらずの笑い顔。行けって事なんだろうと初めてのくっちーとどんどん進んでいく。思ったより面白い男で、淵や釜には飛び込んでいく。ショルダーしたり、ハンマーで登ったりしていると楽しい。面白いところはついついゆーの事を忘れて二人ではしゃぐ。

ショルダーごっこで遊ぶ。沈む俺
P9060184.jpg

ここは撤退かともがき、ピックを使い登りきったくっちー。後続は左手からロープにアブミで超えた。
P9060207.jpg

ここが一番頑張った。小さなスラブを登れず、水流のシュリンゲに右足をかけて、左足を水流に押し付ける。ハーケンにはハンマーが届き粘るがドボン。同じ事をとっちーもやるが同じくドボン。そのときもう一つのハーケンを彼が見つけてくれたのでいける確信ができ再度トライ。時間を忘れ突破できたが、下で待つゆーには申し訳なかった。一時間ほど粘ってたらしい。

遊んだあとの回収。
P9060230.jpg

兜滝。やる気が失せてぼんやりしてたところくっちーが突っ込む。水に跳ね返されたりしながらも突破。
P9060265.jpg
IMGP0008_20150907213232366.jpg

もちろん泳げないゆーを子供つれてる気分で押すは引くは手を繋ぐはでとっちーから見ると親子に見えただろう。あまりにくっついてたので大分可愛いかった。

お腹が空いてクリームパンを空けたらどろどろになっていて泣く。一個根性で食べてみたが、にゅるにゅるの離乳食。吐き気しかしなかった。ゆーにゼリーのようなものをもらって体力が戻る。予備は持つべきだと思う。

そろそろ終盤になって頭が覚醒。で、思い出したのが、下山用の僕の車の鍵を入渓のために移動したゆーの車において来た事だった。疲れ果てて沢から離れられると思ってほっとしたときだっただけに辛い。二人に頭を下げる。くっちーに告白するときは横でゆーも頭を下げる。いい奴だ。あー申し訳ない。藪を漕ぎ工事用の林道に出てから最短を探るが、思ったより険しく、何だか薄暗くなってきたので安全コースをと尾根を引き返す。gpsかしっかりした地図があれば良いが、3人お気楽だったので持ち合わせがなく無駄な時間が過ぎる。道路に出ても40分ほど歩き、くっちーの車でゆーの車に移動。それから2台で僕の車へと、鍵のおかげで2時間くらいがぶっ飛んだ。独り沢を戻ってけばと思ったり、大反省の下山だった。

でもへこんだ俺にゆーが私をを踏めと変態心をときめかせる一言。もちろんど変態覚醒。
P9060284.jpg

ただ、へこんだ自分はもどってきて踏まれてしまった。
11997866_688676201262889_1455229880_n.jpg

初めて会ってがんがん登って笑い合えたくっちー、ありがとう。変な二人と思っただろうな。

トマト鍋は消えたが、全てがトラブルな一日だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。