To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > クライミング > 御在所前尾根

御在所前尾根

去年は10月の紅葉期だったか。今回は白山狙いを暖冬から雪がないと、好きなマルチへゆうを連れて行った。
土曜日が好天、しかしゆうがりんさん達とセッションしたいと日曜に計画。上手く合流できた。

大久保からの渋滞といつもの中国道の渋滞を避け、372を移動。2時間で京都に届く。477の峠道を使い、23時には到着。少し酔う。

6時スタート。7時15分取り付き。りんさん達を先行したが、少し待ってみるうちにおじさんパーティーに越される。
40分近くおじさん達と話して待ち合流。曇天で湿った岩を前に、ガスで見えない上方を見て、濡れていたら困るとつぶやきながらも、初めての御在所にテンションが上がる3人とおじさん達をおいかける形で全般をリードしたいゆうから登り始める。

先行者のカムが抜けないとお助け。湿ったクラックを慎重にカムを使って登る。前回はノープロだったが、今回はカム使いの練習?
IMGP0001_201511231532573f7.jpg

 ピンク一色。遠くから見て分かりやすい?
IMGP0007.jpg

5.9位、出だし右から、A0も使う。フェイス苦手らしい。
IMGP0010.jpg

継続 あまり気持ちよくないチムニーに入る。登りたい病のゆう、カム使いまくり、レストしながら頑張る。見てる方まで疲れそう。ザック外せば楽。・・言うの忘れてた。チムニー上。トラバースして右手の短いフェイスを登る。4+位
IMGP0015_20151123153303ba5.jpg

カムもチムニーも初のりんさん達、ベテランおじさんに手鳥足取りで登る。全員登り方が違い面白い。おじさんに助けてやれば?と言われたが、まあ登れる二人だから放置。

IMGP0016_20151123161540fd0.jpg

少し歩いてノーマルルートをおじさん達に占領され、滑り台に行けば?と促されて移動。ゆうリードでクラックを登り、やっと自分リードで左手の壁を登る。藤内沢を見下ろすいいライン。すこしピッチ長めで楽しかった。
IMGP0019_20151123153421dbf.jpg

IMGP0022.jpg

おじさん達を追いかけて待っててくれたペーパーはりのりんさん達と写真の撮りあい。
IMGP0024.jpg

少し気合いのいるクラック。中に残置あるけど、それだけでは湿った割れ目じゃ怖い。この後左隣のおじさん達がお互いのコールが聞こえず停滞。ピーク手前で支点を使わず、裏に回っていて聞こえなかったらしい。代わりに二人で中継コール。

IMGP0025.jpg

前尾根のラスト。やぐら。がしがし登って、だっこちゃんの一手の思い切りが。。時間が遅くなり、体調不良のゆうが気合いでリード。ぬめる割れ目にカムを綺麗に連打。何度も泣きの笑顔で見下ろす。頑張れと言えず、降りれば?と言って見るが、粘りに粘って抜けきった。上等だった。

IMGP0029_20151123153537736.jpg

IMGP0031.jpg

りんさん達もトップロープで。思ったより苦労しなかったらしく笑顔。何なんだ?
IMGP0035.jpg

やぐらのトップ。2度目のリード。かぶり気味をA0の一手だが、疲れたゆうには手が遠いとシュリンゲ垂らしてぶら下がりで抜ける。りんさん達もあたふた。


ここで片づけて16時半。楽しそうなルートを選び笑い倒して大分遅くなった。暗い尾根も使えず裏道をヘッデン下山した。

早く帰りたい・。でもりんさんと・。逡巡するゆうは疲れて停滞決定。下山後は4人で片岡温泉に入り宴会。0時まで飲んで死んだようにくたばるゆうに申し訳ないので解散。夏から月2ペースで遊んでくれたゆうも休みが合わなくなるとのこと。いいパートナーもこれで終わり?雪も暖冬で少なくなりそうで泣ける。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

行ってみたかった御在所に連れていってもらってありがとうございました!
やっぱり登るのは山がいい(^^)

No title

ゆう どか~んとでっかい山行こう!
プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR