To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 白馬三山と唐松岳縦走 ハイキング > 白馬三山と唐松岳縦走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬三山と唐松岳縦走

稜線歩きをしたいというぶ~にゃんのリクエストで超メジャーな白馬三山を歩いてきた。

メンバー 僕、ぶ~にゃん

1時半ごろ到着八方P5に駐車して就寝、なぜか寝れず吐き気がする。うとうとしてると明るくなり、駐車場前のバス停を7時10分ごろ出発。遅いのか乗車率50%。
フォト


7時40分ごろ猿倉到着。小屋前にテーブル置いて受付しているところでまじめに届け書いて林道を歩き、30分ほどで小屋のある大雪渓へ。

フォト


わんさといる登山客とぞろぞろ雪渓を約2時間半で滝のある登山道へ出る。

フォト


みなさんいい靴はいてアイゼン付けてる。運動靴は僕だけ・・。最後までアイゼン付けて可愛いお姉さんがいて声かけようかと思ったけど、あまりに頑張ってるんでスルー。白馬岳手前は花畑で立ち止まるたびにいろんな人と笑顔でお話。お尻にとまった蝶を撮ってもらったり、いい所だ~。

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


2時ごろ小屋で爽やかなおじさんにテン場受付してもらい、ビールを買ってかなり奥の方にテントを張った。アベック率が高く、会やサークル的な団体は少ない。白馬岳に登り記念撮影。

フォト


フォト


フォト


フォト


可愛らしいアベックに絡むぶ~にゃん

フォト


栂池方面

フォト


満点の星空は見れなかったが、無風で10時間爆睡。

快晴の朝。コースタイム8時間半、不帰越えもありテンション上がり6時出発。

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


ガレた道を延々歩く。天狗の大下りがげんなり。でも道端にはずっと花が咲いて楽しい。右手には剱岳や立山、南アルプスまで見える。前後に大勢いたのが白馬鑓の分岐でごっそり減る。温泉から上がってくる人も多いがほとんど白馬方面へ。

フォト


若い兄さん。青いのが流行り?

フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


唐松までで2回雷鳥を見たけど、2度目砂場から驚いてこけていた。

フォト


フォト


フォト


若い単独お兄さんと水5L担いできたというおじさんとほとんど一緒に唐松まで。爪で岩を引っかいたような不帰のルンゼを眺める。雪で埋まったのを想像してよだれが出そう。ぶ~にゃんは岩場がきつそうだが、鎖や鉄橋がありやばいところは無かった。

唐松への登り辺りで大粒の雨がバラパラ。少し慌てる。山頂で学生に写真撮ってもらいテン場へ。一番下が雪渓の雪解け水を取れて良いと彼らに情報もらうが、テンと張るところがなく半強制で水場前に張ることになる。この日は彼らと大分話した。この場所、欅平へ続く道で朝、気持ちのいい達者なおじさんと話す。やっほ~と手を振ってさくさく鎖場を歩いていった。

フォト


ぶ~にゃんが絵描きのおじさんの足元に中井三星堂の袋を発見し話しかける。

フォト


テントの横を雷鳥6羽家族が行進していった。

フォト


二人で4本ビール買うつもりが、ぶ~にゃん追加購入して6本。一気に飲んでしまうが、翌朝少し二日酔いでまいった。

稜線を一緒に歩いた連中は五竜に登り、雨が心配で遠見尾根をくだるらしい。僕らは予定もあるので八方をささっとゴンドラ下山。

フォト


不帰が綺麗

フォト


池には大勢の観光客が。ここからが山みたい。

フォト


トンボや蝶が

フォト


フォト


フォト


フォト


記念館?前の碑 山とスキーの資料館とか書いてあってそそられたが300円。誰も入ってないしで止め。

フォト


11時には白馬村に着き、観光所で100円割引券貰ってP2にある温泉で汗を流す。ずっと頭に巻いてたタオルで体を洗うと洗面器が泥水に・・。

渋滞知らずで6時過ぎに姫路へ。一番の思い出は往路で食べた桂川SAの親子どんぶりがおいしかったな~。あと鑓温泉から登ってきたアベックの女の子可愛かったな~。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。