To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 年忘れ氷ノ山 山スキー > 年忘れ氷ノ山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年忘れ氷ノ山

北の天気はあまり良くなく、せっかくの5連休だが近場もすっきりしない天気が多く閉じこもりになりそう。

大晦日の31日。少し晴れ間が見えそうなので、いつものtaler氏を誘いいつもの氷ノ山へ。

8時前  無料駐車場 歩き出すとH氏登場 久しぶりです
8時30分 リフトに乗って登山口へ
10時40分 快適に歩いて氷ノ山山頂
13時50分 ゲレンデへ

天気晴れと曇り 気温-5度くらい 雪 前回の1M30CM程に30CMほど深雪

パトロールの受付には先行が4枚。3人組み、二人組み(ボーダー)、他。

フォト


登山口で先行達がシールを着けたりしている間に、tailer氏がどんどんラッセルして進んでいく。新雪が20cm位あって先週の雪は程よい締り方で歩きやすい。

フォト

三の丸の白い平原は青い空と風のない乾いた空気で気持ちいい。やっぱり晴れに限る!

幻に見えた避難小屋もくっきりハッキリ。

フォト


山頂まで迷いようのない視界の良さ。

フォト


クリスマスでもデカくなったモンスターは少ししまってた。

フォト


三の丸から山頂までの中間点辺りで空気が湿気を帯びてくる。北東の空は黒い雪雲。

フォト


山頂につくころには曇りだし、風も5~6m少し寒い。誰も来ないなぁ~なんて準備しているとH氏が爽やかに登場。気のせいかもしれないけど少しスリムになって見えた。

フォト


フォト


東尾根北面の谷へ。”ネジレ谷”これかぁ~!
やっと入れたけれど快適には少し早く、ブッシュが少し出ていて100Mほど滑ってから流れ尾根へ取り付きシールを着けた。雪は柔らかく滑りやすい。尾根の壁は大雪なら難儀しそう。

フォト


フォト


ネジレ谷はいつか調子乗ってしたまで滑って尾根をのんびりやってみるのもいいな。

山頂の避難小屋が見えたところで滑り出す。台地の雪は柔らかいが、大倉谷の入り口までは少しラッセル。

H氏と合流。前に見たすべりと違って軽くダンスしているみたいにどんどん先行する。

mixi動画はサービス終了しました


mixi動画はサービス終了しました


mixi動画はサービス終了しました



雪が落ち着ききってないけど先週のわさび谷と比べ3倍は早くゲレンデへ帰れた。

今回はいい天気のおかげで気持ちのいい疲れが幸せ!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。