To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 丹波立杭焼祭り~三柳独立祝い イベント > 丹波立杭焼祭り~三柳独立祝い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波立杭焼祭り~三柳独立祝い

雨上がりの日曜。

予定立たずで迷った時のミクトモ頼み!ゆうさんが地元近くのイベントに友達と出動するらしく、姫路からはぼろちゃんが一人でドライブするという。

これは!!

ひろひろも彼氏が実行委員で手伝いに出ているという。

行くしかない!!

ぼろちゃん乗せて今田町の窯元が並ぶ南の外れ、三本峠の窯元に集合。窯元はゆうさんの友達らしい。

車三台で集落の北のはずれへの駐車場へ移動し巡回バスを利用。のつもりが、バス待ちの渋滞を嫌い歩いて”陶の郷”のあるイベント会場へ移動。

街道は何十件と続く窯元が店を広げ、特売の焼き物だけでなくおもちや特産の黒枝豆を売っていたので栗大福を一個買ってほおばるとあんまりにもうまいので土産に1パック購入。

目的だった茶碗は結局買えずじまいだったけれど、イベント広場で店をだしていた青垣のそばが好みで最高にうまかった”三津屋妹尾”。試飲させてもらった篠山の"鳳鳴酒造”生酒が辛口なのに香りが甘くこおばしい上品味でついおちょこ三つ頂きました。この二件はまた行くと約束。

有名な小山SWEETSは店の前に着いたところで品切れでした。
来年は鹿生堂の栗羊羹なども食べたい!
オークションとのぶりんの顔を見て空いてる巡回バスに乗り、今田町役場(今は支所)と中学校の敷地に設けられた陶器市へ。


イベント広場では、二十以上のテントに窯元が店を出したり、しし肉のソーセージや地鶏の櫛焼きを出していた。あまり売れてないアマゴの塩焼きを横目にしし肉の豚汁を頂いたが、あっさりしても油の乗った肉は甘くて旨かった。

帰りは街中から少し西へ走ったゆうさんの友達がいる農家へ。
枝からはずされている黒枝豆を安く大量買いし、自分で袋詰め。ゆうさんの友達達は少し上品でも所々におふざけを入れるいい連中、一日位は遊ばないと分かってこないです。

ずっと感じてましたが、丹波の人たちって旨い食べ物と山に囲まれた土地柄なのか、おばさん達の笑顔がキラキラしていて若い窯元たちの男女が美男美女揃いで思わず住みたくなったくらいいい感じの人ばかりでした。目が合ってそらしてしまう位可愛い女をいたし。ひろひろには出会わんかったな・・。

農家でゆうさんたちとお別れしてからなおさん家に立ち寄り、ぼろちゃんが買った黒枝豆となおさんが毎年やってる底引き網で取れた魚を物々交換。その魚の量が半端なく、ホームセンターの駐車場でぼろちゃんに分けてもらった量が10人前くらい。えび、小鯛、渡り蟹、味、つばす、しゃこ、イカ・・。

我が家では、三柳が辻井に独立して店をだしたので、河合コーチが祝いをしようと柴田、たっちゃん、かこちゃんを呼んで料理もして待っていた。
せっかくもらった魚も多すぎて隣の大家さんにプレゼント。料理苦手の割りには魚が好きらしく、大興奮で八割方もらってくれた。なおさんのおかげでいいことができた気がする。

みんなで乾杯を放置して、娘に黒枝豆と栗大福を届けてくる。久しぶりの対面ができたけどろくに話もせず不完全燃焼状態。

急ぎ買えってPARTY。ふざけたり、たっちゃんの弟子を悩みを聞いたりしていると1時を過ぎる。みんな小さな悩みで苦しんだり、大きな出来事を越えて緩くなった大人が話を聞いて説教したりしていい時間だった。

で、翌日の月曜。昼間は寝不足と軽い二日酔いだったが、黒枝豆のご飯、味付けして似なおしたえびの塩茹で、えびの出しで炊いた白菜やきのこ類のおひたし、残り物の刺身を晩飯にする。

収穫の秋でした!!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。