To see a World in a Grain of Sand And a Heaven in a wild Flower..

名前に好きな言葉を。週末は山に。

Top > スポンサー広告 > 掛ヶ谷 > 掛ヶ谷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛ヶ谷

朝4時震えて起きる。寒すぎあせあせ(飛び散る汗)寝ぼけて冬の布団被って二度寝。

メンバー 僕 tailer

8時30分林道終点スタート
10時45分貯水池直前の三の滝でUターン
11時45分下山

姫路で気温22度。峰山の麓の登山口でも22度。夜のうちずっと小雨が降っていたのかやっぱり寒い。

入渓地点でにょろにょろと挨拶。まむっち君

フォト

所々で可愛い花が待っててくれてる。

フォト

約5分で分岐。左股が本流。分厚い苔と暗い山が陰鬱でなんとなく怖い。

フォト

30分もすればゴルジュが登場!巨石だらけで驚いた!

フォト


6m程の滝?過去tailer氏は左岸のスラブを抜けたらしいけど、ハーケンは一つしか見えず手間がかかるからささっと左岸上部を巻く。

フォト


滝の落ち口から見下ろすと左岸の出口下にリングボルトが一つあり、何とか抜けれそうだ。右岸を見下ろした時がびっくり!100度くらいの壁にハーケンが連打してあった!しかも落ち口から空に向かって続く岩が10mほどあるがそこにまで登った形跡がある。ど変態の仕業だろう。

チョックストーン地獄は続く・・

フォト


当然トンネルも・・狭くしんどい

フォト

滝に打たれてから光差すトンネルへ。ここも狭くしんどい

フォト


登れない・・ようで行けそう

フォト


これ右手の大岩の重なりを登るが嫌らしい。

フォト


また・・巻く

フォト

ナナフシの化け物が!水線とすぐ右が登れた。・・ような

フォト


得意の木登り。木がなくても登れるが・・。

フォト


ルートだらけのようで登れんあせあせ(飛び散る汗)巻く

フォト


これも巻く

フォト


滑床が出てくる。草木が無ければ平和な感じ?

フォト


終点。綺麗で立派ぴかぴか(新しい)30分近く眺めてから、左岸を10mほど登って沢と並行する登山道をさくっと下山。

可愛いちびすけが走り回ってた。

フォト

おまけ

フォト

曇りで回りは岩と林でlog消え消え

フォト



近場の割りに深くて怖い沢だった。まだまだ近場には凄い沢が待っている。グッド(上向き矢印)全ての滝を突破ならボルト連打必至!登れない所ばっかりふらふら泳ぎは無いけど滝工作派にはいい所かも・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いの

Author:いの

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧

バックカントリ-スプリットボ-ドで大山を滑走
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。